FOW TCG公式サイト > 大会・イベント > 観戦記事|“AGP東京2017” 準決勝

大会・イベント

観戦記事|“AGP東京2017” 準決勝


残るプレイヤーが4名となったAGP東京2017。
ちらつき始めた“優勝”という2文字に並々ならぬ情熱を燃やす男がいた。

塚本浩之。前回行われたAGP大阪のファイナリストだ。
世界大会への出場経験もある実力者だが、最近はあと一枚の壁に阻まれることが多くあり涙を呑んできた。今回は《再生する命運 ルミア/紅蓮の聖女 ルミア》で《聖風の使い魔 タマ》や《フック船長》を使いまわすデッキを持ち込みここまで駆け上がってきた。
頂まではもう少しだが、それは相対する丹野貴文も同じ事。《七王のメモリア/空風の守護者 アーラ》と《グラスバレスタの秘術》を用いたコンボデッキでここまでを戦い抜き、今この場所に立っている。

両者が互いのデッキをカットしゲーム開始となった。

Game 1

後攻 丹野/ルーラー:七王のメモリア(空風の守護者 アーラ)
先攻 塚本/ルーラー:再生する命運 ルミア

ゲーム序盤、塚本は《聖風の使い魔 タマ》を展開し、攻撃や《フィースシングの眼鏡》でレストしたのち《再生する命運 ルミア》で再展開するという方法でアドバンテージを稼ぎ時を待つ。丹野も《聖域のエルフ》や《魔源の湿地帯》などコンボの下準備を黙々と進めてゆく。

先にゲームを動かしたのは丹野。《無名の霧》で塚本の手札に握られていた3枚の無効化スペルが晒されると、厳しそうな表情を浮かべつつ効果を解決する。
これを好機と見たのか塚本はウィルを加速し《フック船長》を登場させ丹野の魔石2つをバウンス。続くターン《再生する命運 ルミア》によって再登場を果たし、再び魔石2つをバウンス。

一方的な展開の中一応粘る丹野であったが、解決策を導き出すことはできず投了を宣言した。

丹野 0-1 塚本

Game 2

先攻 丹野/ルーラー:七王のメモリア(空風の守護者 アーラ)
後攻 塚本/ルーラー:再生する命運 ルミア

先攻と後攻が入れ替わった第2ゲーム。
第1ゲームでは芳しくなかった丹野の手札も良好なようで、《窮極の門》や《無名の霧》など幸先の良い滑り出しを見せる。塚本の妨害カードを抜き去った後は《魔源の湿地帯》を設置しさらには待機カードを構え、《空風の守護者 アーラ》を送り出すタイミングを虎視眈々と伺う体制が整った。
一方の塚本は《聖風の使い魔 タマ》や《書き換えの術法》でデッキを掘り進めこれに対抗する格好だ。

返しのターン《空風の守護者 アーラ》が戦場へと送り出されると、待っていましたとばかりにプレイされる《グラスバレスタの秘術》。しかし《風光明媚》に阻まれゲームセットはお預けに。
《再生する命運 ルミア》で再利用するために《聖風の使い魔 タマ》でチャンプアタックを仕掛ける塚本だが、それを承知の丹野は待機カードである《最初の屍者 リザ》をプレイ。カードを1枚待機させたのちそのままブロックへ回し、丁寧にそして確実に反撃の芽を摘んでゆく。

勝ちを確信したかのように丹野は再び《グラスバレスタの秘術》をプレイ。
これに《ファリアの召集》からの《聖風の継承者 メルフィ》で応戦する塚本であったが、先ほど待機した《闇に浮かぶ湖月》がそれをシャットアウト。無限攻撃が決まる状態となり塚本は自らの敗北を受け入れた。

丹野 1-1 塚本

ここまでわずか十数分。
両者とも一撃必殺級のコンボを内蔵しているため、僅かな隙が致命傷になる緊迫した試合が繰り広げられる。

Game 3

後攻 丹野/ルーラー:千の鍵の盗賊 ウムル・アト=タウィル
先攻 塚本/ルーラー:再生する命運 ルミア

準決勝ラストゲーム。丹野はルーラーを変更し勝負に出る。2ターン目には《魔剣 レーヴァテイン》を携え《千の扉の混沌 ヨグ=ソートス》が戦場を駆け塚本のライフを奪い取る。
対する塚本はマイペースに自分のゲームを進める格好で、軽いコストのリゾネイター達や《かぐやの月光蝶》で《聖風の継承者 メルフィ》を並べ再びのジャッジメントに備える。これは飛翔やブロックされない能力を持たないJルーラーに最も有効な手段と言えるだろう。

戦況が塚本に大きく傾く中《無名の霧》をプレイする丹野であるが、第1ゲームと同じく塚本の手札に見える3枚の無効化スペル。一時の静寂を経て、彼が宣言したのは投了だった。

ざわつくギャラリー。

それもそのはずだ。デッキもライフも潤沢なこの場面ならば逆転できる可能性は十分にある。
しかし丹野には見えていたのかもしれない。このままゲームを続行したとしても相手がミスを犯さなければ逆転の目が無いという事に。

この投了は熟練した腕と自らのデッキに対する深い理解があるからこそ可能な選択だったのだろう。

丹野 1-2 塚本