FOW TCG公式サイト > ニュース > Force of Will海外ニュース vol.1

ニュース

Force of Will海外ニュース vol.1


はじめまして!この度、隔週で記事を掲載させていただくことになりました。よろしくお願いします!

この記事では海外で開催された大会結果から見るメタゲーム考察や、面白いデッキ、強力なアーキタイプのデッキを紹介していこうと思います。みなさんが大会で勝ち抜くための力になれたら嬉しいです。

では早速ですがこちらのデッキをご覧ください。

62364438

グリムクラスタ~アリスクラスタのカードを使用したニューフロンティア環境において高い支持率を誇った炎属性主体の速攻デッキですが、ラピスクラスタの参入に加えて万能ルーラー《可能性のリフレクト/収束のリフレイン》の禁止リスト入りにより、その力を大きく奪われることとなりました。その穴を埋めるべく採用されたルーラーが《決意の少女 シャルロッテ/聖魂の魔導師 シャルロッテ》です。
この《決意の少女 シャルロッテ/聖魂の魔導師 シャルロッテ》は手札のカードを捨てることによるアタックやブロック妨害、さらにはジャッジメント時の手札の補充と、炎属性の速攻が求める能力を十分に持っています。そしてメインデッキに採用されているカードも《不死王の屍術》など、シャルロッテの効果と相性が良いカードが多いのでこのデッキの猛攻を凌ぐのは容易ではないでしょう。

デッキの中身を確認したところで、少しニューフロンティア環境で主流となりそうなデッキの話をしましょう。
まず思いつくのが先日の世界大会でも猛威を振るった《フック船長》を最速で(しかも無効にされる心配もなく!)召喚できる《シャングリラの歌姫/叛逆の奏者 シオン》です。上手く動くと相手が何もできないままゲームが終わってしまう可能性もある強力なデッキです。

次に頭に浮かぶのは《六賢者 フィースシング/聖風の大魔導師 フィースシング》をルーラーに据えた風属性主体のデッキでしょうか。0コストのレガリアや低コストのリゾネイターを展開してエルフトークンを生成し、そこから《白き竜 グウィバー》を展開する形や、各種カウンタースペルを大量に搭載したコントロールなど幅広い活躍が期待できます。

この他にもJルーラー主体のデッキに対するアンチテーゼとして存在する《黒月の支配者 ギル・ラピス/始祖の王 ギル・ラピス》のコントロールや、機械軍団を率いる《機王 マキナ/機巧大帝 マキナ》デッキなどがありますがこちらの紹介はまたの機会にします。

このようなメタゲームを頭に入れてから先ほどのシャルロッテのデッキを見てみましょう。
大型のリゾネイターを展開してくる《シャングリラの歌姫/叛逆の奏者 シオン》デッキに対してはシャルロッテのレストや手札に返す効果で対応もでき、《フック船長》による魔石の減少も細かく動ける速攻デッキなため、コントロールなどのデッキと比べるとダメージが少ないです。《六賢者 フィースシング/聖風の大魔導師 フィースシング》デッキに対しても《炎王の叫び》によるエルフトークンの焼き払いができるので有利にゲームを進めることができそうです。

その他の名前を挙げたデッキにもこれといった明確な弱点がなさそうなので、やはりこのタイプのデッキは強力であると言えるでしょう。

第1回目ということで先日の世界大会を制した《決意の少女 シャルロッテ/聖魂の魔導師 シャルロッテ》を使用したデッキを紹介してみましたがいかがだったでしょうか?「このデッキを組んでみたい!」、「このデッキと対戦してみたい!」なんて思っていただけてたら嬉しいですね~。

それでは第2回目の記事でまたお会いしましょう!

文:谷田 尚之

yada谷田 尚之
Force of Will黎明期から現在に至るまで活躍し続けるベテランプレイヤー。
日本OPEN優勝をはじめ、その他大会でもコンスタントに結果を残し続けている。
WGP2016日本代表にも選出された。
新しいプレイヤーの育成も熱心に行っており、彼の教えを受け成長したプレイヤーは数多い。