FOW TCG公式サイト > ニュース > Force of Will海外ニュース vol.3 “Package”

ニュース

Force of Will海外ニュース vol.3 “Package”


みなさんこんにちは、Force of Will海外ニュースのお時間です。vol.3となる今回は前回の記事で紹介した海外の大会ARGの上位入賞デッキそれぞれから、この環境でキーとなるデッキの重要なカードを見ていきながら、より細かいメタゲームを覗けたらいいなと思います(上位入賞デッキについては前回の記事を参照してください)。

では早速。


j-ttw-027-r_olj-ttw-037-sr_ol
《風の六賢者 フィースシング/聖風の大魔導師 フィースシング》デッキからはこちらの2枚です。フィースシングデッキというと《白き竜 グウィバー》のような最軽量大型リゾネイターをキーカードに挙げたくなりますが、このデッキを支配しているのはまちがいなくこれらの2枚です。
闇のコントロールデッキに対して手札枚数のキープは難しく、手札の枯渇はフィースシングデッキの死を意味しています。そこで、生み出されたエルフトークンを次なる攻めに変換できる《嫉妬深き美姫 グィネヴィア》はフィースシングデッキには欠かせない存在になっています。

そしてこのデッキ最大の化け物リゾネイターが《深遠のアドゥムブラリ》です。前回の記事でも少しだけ例に出しましたが、ちょうど1年ほど前に環境を席巻した“World Reflect”というデッキもこのカードを存分に活かし、様々なプレイヤーを頂点へと導きました。エルフトークンからこのカードを顕現させることにより、通常では不可能な展開を可能にします。この《深遠のアドゥムブラリ》と上の《嫉妬深き美姫 グィネヴィア》の効果を可能な限り使わせないように動くことが《風の六賢者 フィースシング/聖風の大魔導師 フィースシング》を相手にした時のプレイングのコツです。


HljhxBj-ttw-096-r-regalia_ol
《不死王 レザード/冒涜の吸血鬼 レザード》のデッキからはこの記事で何度も名前が出てきた《最初の屍者 リザ》と、記事の前半で少し触れた《幻想球体チェンジ・ザ・ワールド》の解説です。
《最初の屍者 リザ》の強みは、このカードにより伏せるカード候補である《闇に浮かぶ湖月》、《炎の罠》といったカードをピンポイントで発動できる状態にするという当たり前のことではなく、これらのカードの採用枚数を絞ることができるという点だと思います。
この環境で常に頭に入れておかなければならない存在である《フック船長》をはじめとした、優秀な誘発能力を持ったリゾネイターを対処するのに有効な《闇に浮かぶ湖月》はコントロールに欠かせないといっても過言ではないカードでありますが、デッキに4枚必要かと言われるとそうではないと思います。このような「デッキに4枚は入れたくないけど絶対に必要なカード」が複数枚ある場合には様々なカードをサーチできる《最初の屍者 リザ》が大いに役立つでしょう。また、待機エリアのカードを0コストで破壊できる《神弓 アルテミス》に対しても発動条件が緩いリザはしっかりと対応していくことができるのも高評価ですね。

さて、このデッキ最大の特徴である《幻想球体 チェンジ・ザ・ワールド》です。前回の記事で「なぜ《不死王 レザード/冒涜の吸血鬼 レザード》のデッキにこのカードが採用されているのか考えてみてください」という問いかけをしましたが、採用理由は至ってシンプル。「約3ターンに1回カードを1枚引ける」です。何を悠長なことを言っているんだ、当たり前じゃないかというのが素直な感想だと思いますが、この「1枚カードを引く」という行為がとても重要なのです。
考えてみてください、あなたが《不死王 レザード/冒涜の吸血鬼 レザード》などの闇を中心としたコントロールデッキを使用していて、対戦相手も闇を主軸にしたコントロールデッキだった時のことを。お互い何も動かずにターンを渡しあう膠着した盤面が続くことが予想されるゲームにおいて、自分だけリカバリーフェイズの前に追加で1枚カードを引ける強さを。

もし《幻想球体 チェンジ・ザ・ワールド》が2枚配置できればドローするのにかかる時間は1/2になりますし、このカードを破壊するために相手は動かざるを得ません。他にもカードをドローすることができるカードはありますが、毎ターンのようにカードを引け、尚且つ相手に破壊を要求できるカードはとても優秀であると評価するに値するのではないでしょうか。このデッキを作成した方のビルドセンスに感服です。
このカードと役割が似ているカードとして《G組戦車》がありますが、こちらも有用だと思います。


cfc-040EwTKwd
この大会に参加をしたプレイヤーのほとんどがこの《シャルロッテの水形術》を中心にカードを選択したといってもよいほどにこのカードの存在は大きく環境に影響を与えています。
特にこのカードの恩恵を大きく受けることができるのが《黒き月の友人/永劫吸血鬼 御影清十郎》デッキでしょう。
このカードにより評価をさらに上げることとなった《神弓 アルテミス》を始めとする相性のよいカードが多数あるため、このカードと組み合わせれば除去ができないリゾネイターはそう多くありません。《シャルロッテの水形術》というカードの存在により使い勝手が悪くなってしまったカードももちろんあり、特に《円卓の王 アーサー・ペンドラゴン》のようなコントロールに強いカードでも《シャルロッテの水形術》から各種除去により簡単に処理されるようになってしまったというのは《黒き月の友人/永劫吸血鬼 御影清十郎》などの黒を主軸とするコントロールの追い風となっていますね。
さて2枚目のカード《時空のねじれ》です。これは以前からコントロールを愛用するプレイヤー御用達のカードでした。その性能は《黒き月の友人/永劫吸血鬼 御影清十郎》デッキでも存分に発揮されており、対リゾネイター最強の除去力を持つ《黒き月の友人/永劫吸血鬼 御影清十郎》がジャッジメントするまで触れることのできない相手のジャッジメントルーラーを対象に取れるこのカードはまさにうってつけです。またデッキとの相性以外にも、容易にカードをドローできるカードがローテーション落ちした為にこのカードに頼らざるをえなくなったというのも採用の背景にあるのではないでしょうか。


j-bfa-023-cja-skl058
紹介させていただいた《世界樹 ユグドラシル》デッキに清々しいまでに4枚づつ採用されていた各種除去カードですが、その中でもメインから採用されていた《炎の罠》には思わず目が止まります。このカードは主に《風の六賢者 フィースシング/聖風の大魔導師 フィースシング》に対するカードですが、このカードをメインに4枚採用しなければならないほどに上記の《風の六賢者 フィースシング/聖風の大魔導師 フィースシング》デッキは強力なのです。このデッキに対応できるカードをメインから採用することは今の環境の半分を制することに等しく、このデッキを意識しないことはこの環境の半分は勝てないということを意味します。《風の六賢者 フィースシング/聖風の大魔導師 フィースシング》デッキも詠唱待機エリアにカードを伏せられただけで、このカードを意識しなければならないというくらいに今の《風の六賢者 フィースシング/聖風の大魔導師 フィースシング》デッキが眉をしかめる1枚です。

そして《炎の罠》の対となるのが《研ぎ澄まされし感覚》です。こちらは対コントロールデッキに対するカウンタースペルですが、先ほどの《炎の罠》や《闇に浮かぶ湖月》などといったカードをあらかじめ排除できるのが今の環境にマッチしています。今回は《世界樹 ユグドラシル》デッキで採用されていましたが、今後も今すぐには詠唱待機系のカードの使用率は下がらないことが予想されるので、このデッキ以外のアーキタイプのデッキでも《研ぎ澄まされし感覚》を見ることがあるかもしれませんね。


ここまでARGで結果を残したデッキに採用されていたカードから、よりミクロなメタゲームを見ていきました。今採用されている多くのカードは単体で仕事をするのはもちろん、他のカードと組み合わせたとき特に強いカードばかりで、○○を入れたら□□もセットでデッキにいれるというような選択がされているように感じます。
前回から掘り下げていったデッキはどれも環境を見据えてカードが選定されているという印象を持ちましたが、今回結果を残したプレイヤーと同じように、デッキを作成する際はカード1枚1枚をしっかりと吟味した上でデッキを完成させたいですね。

この《風の六賢者 フィースシング/聖風の大魔導師 フィースシング》VS各種コントロールの戦いはどこまで続くのか?この2つを制する新たなデッキを開発するプレイヤーは誰なのか!?そんな想像に期待を膨らませながら、また次回の記事でお会いできたらと思います。

文:谷田 尚之

yada谷田 尚之
Force of Will黎明期から現在に至るまで活躍し続けるベテランプレイヤー。
日本OPEN優勝をはじめ、その他大会でもコンスタントに結果を残し続けている。
WGP2016日本代表にも選出された。
新しいプレイヤーの育成も熱心に行っており、彼の教えを受け成長したプレイヤーは数多い。


バックナンバー

◆Force of Will海外ニュース vol.2 “the Dark”
◆Force of Will海外ニュース vol.1